しじみは肝臓に良いものの鉄分の摂りすぎで悪影響を与えることもあります

しじみ

年末年始に連日のように続く飲み会に参加していると、普段よりも多くのアルコールを摂取することになるので、肝臓に大きな負担をかけてしまいます。

 

オルニチンという成分を含むしじみには、肝臓の機能を高める作用があることで知られています。飲み会に行くときは、しじみサプリを摂取したり、味噌汁で食べたりして、アルコールに備えているという方は少なくありません。

 

オルニチンは遊離アミノ酸なので、タンパク質にならない特殊な種類のアミノ酸になります。
タンパク質にはならずに、そのまま血液を通って直接肝臓に運ばれます。
そこでアルコールを分解するのを助けたり、肝機能を正常に導けるので、お酒をたくさん飲むときは積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

このように、たしかにオルニチンは肝臓に良い成分というのは間違ってはいないのですが、それにも限度があります。
摂りすぎると肝臓に悪影響を与えるので注意するようにしてください。

しじみの大量摂取で肝臓に与える悪影響とは

しかし、しじみには鉄分が多く含まれているので、余分に摂りすぎると、肝機能を低下させる場合があります。
鉄は赤血球の成分となって、体中に酸素を届ける働きがあります。
もともと肝臓が弱っている人が摂りすぎると、鉄と結び付いた酸素が増え過ぎるので、体に害を及ぼす活性酸素も多く生成されます。
活性酸素の量が増え過ぎると、病気になることがありますし、老化も進行しやすくなるので注意するようにしてください。

しじみが与える悪影響はそれほど気にしなくても大丈夫!

とはいえ、これは肝臓の病気を持っているなど、もともと肝機能に異常がある人の場合のみです。
何の問題もなく健康に過ごしている人なら、それほど気にすることはないでしょう。

 

鉄分などのミネラルは、一般的に不足しがちな栄養素です。
しじみを多少食べ過ぎたからと言って、体に悪影響を与えることはありません。

 

それにしじみの成分を食品で摂るだけでは、一日に必要な量のオルニチンを十分に体内に摂り込むことは出来ないといわれています。
毎日しじみ料理を食べるのも大変なので、気楽に摂取したいときは、市販のしじみサプリメントを利用するようにしましょう。

 

>>しじみサプリの効果とコストで考えた総合ランキングはこちら<<